Sanctuary*

日常の事をぽつぽつと。

出産レポ②出産日当日


結局あまり眠れないまま朝に…(≡Д≡;)

出産日当日は、朝の6時半から分娩着に着替えて
下着はパンツ以外は何も付けずに
分娩室に移動です。

無痛分娩って病院によってやり方がそれぞれ違うようですが
うちの病院では、陣痛促進剤を点滴しつつ
下半身(ヘソより少し下辺りまで)の麻酔を打っていきました。
麻酔は脊髄から入れます。
膝を抱えるようにして背中を丸めて、まずは麻酔を打つ前に局所麻酔をし、その後無痛分娩用の麻酔投与です。
麻酔自体は特別痛くもなく、なんか押されてるなぁ位の感覚でした。

病院によっては子宮口が~㎝以上開いてからじゃないと麻酔投与しない所もあるようですが
うちは初めから麻酔を打って貰えました。

昨日挿入したバルーンのお陰で既に子宮口は3㎝以上開いていたので
割と短時間で5㎝までは開きました。
この位の時は全く痛みもなく、呑気に夫と喋ったり
好きな音楽を流して貰ったり
あまり寝てなかったのでうとうとまどろんだりしてました(´ω`;)
陣痛中にまどろむとか普通あり得ない事なので、本当に医学の進歩には感謝しかありません…。
子宮口が8㎝位になると、腰に痛みが出てきました。
無痛分娩でも、骨の痛みは消せないようでそこは我慢して下さいと事前の説明でも聞いていました。
よく言う、腰が砕けるような痛みってやつですね。
でもお産が順調に進んでる証拠という事なので頑張って耐えます。
でも無痛じゃなかったらこんな比じゃない位に痛いよ、と言われました。
そりゃそうですよね…(´・ω・`;)

子宮口が全開になると、いよいよ陣痛もMAXのようで
追加麻酔をして貰い、耐えます。
全開になるまで、大体9時間くらいだったかな?
無痛分娩+初産婦の場合はお産の進行が遅いらしいのですが
私は割とここまでは順調に進んでました。

そう、ここまではね…。

全開になってからは何度かいきむ練習をして
何度かいきみます。
しかし全く出てくる気配の無い赤ちゃん。
検診の時から頭が大き目だから、もしかしたらなかなか出てこないかも、とは言われてました。
しかも、へその緒の位置が絶妙な場所にあり
出産時旋回する時に、もしかすると旋回方向によっては出てこれないかも…
要するに帝王切開かも、とは言われてました。

何度もいきんでみますが、出てくる気配なし…(≡Д≡;)
吸引分娩をしてみるか、帝王切開かだね…という先生と助産師さん達。
吸引出来るかも危ういけど、もう少し頑張ってみて吸引出来そうならしてみましょう!という事に。
その後、助産師さんがもう1人加わってお腹を押されながら何度か必死にいきむ。
なんだかちゃんといきめてるのかもよく分からなくなって来てたのですが
なんとか吸引出来そうな所まできて、いよいよ吸引分娩へ。

助産師さん達や医師の方々がドヤドヤと沢山入ってきて、お腹を押す係は男性の先生に…その方が力が強いからだと思います。
この辺りから立会い予定だった夫も入ってきて、私がいきんでる間隣で励ましてくれていました。

そして遂にいきむ!
もうなんていうか、男性が体重をかけてお腹をゴリゴリと押すのがめちゃくちゃ痛かったです…。
無痛分娩とは何も関係ない部分の痛みなので(麻酔が効いてない部分なので)
あばら骨折れるんじゃないかと…(折れる訳無いけど。ちゃんとあばら骨のギリギリ下を押してた筈)
お腹をゴリゴリに押されながら何度も何度もいきみましたが、やはり出てこれる気配はなさそうでした…。

主治医が、帝王切開にしましょう!と判断。
これ以上何度も吸引するより、赤ちゃんとお母さんの体調を優先しましょうねと。

緊急帝王切開になったので、準備が慌ただしく進んでいきました。
ドラマみたいな感じで、皆様テキパキとチームワーク良く連携を取り
あれよあれよと手術室に運ばれます。
手術室に入る前にいくつか質問をされ(手術の経験はあるか、アレルギーはあるか等)
手際よく準備が進められながら分娩着を脱がされます。
帝王切開って全裸だと言いますが、本当に全裸でした(笑)
でも丸出しではなく、見えないように配慮はされていたので(タオル掛けて貰ったり)そこまで気にはならず…
というかそれどころでは無いしね(´・ω・`;)

麻酔医の方が緊張を解す為に色々とジョークを言ってくれたりしていたのですが
さっきの吸引分娩でかなり体力を持っていかれていた私は、愛想笑い位しか出来ず(笑)
察して下さった麻酔医の方、その節はありがとうございました…ww

手術は人生初だったので緊張しましたが
もう信じるしかない所まで来ていたのと、これが終わればやっと赤ちゃんに会える!という想いが強くて
手術中も早く出てこないかな…と思っていました。
帝王切開の手術は麻酔が良く効いていたので何も痛みはなく
ただ引っ張られてるなぁとかそういう感覚だけがありました。

ほんの数分後、主治医が「はい!赤ちゃんでます!」と言い
赤ちゃんが取り上げられる瞬間が分かりました。
お腹の中身がふっと軽くなる感じ。あ、出たんだな…と。
その後直ぐに胎盤も出され、今出てきた赤ちゃんと一瞬だけ対面出来ました。

一度預かって、綺麗にしてからもう一度お連れしますと言われ
私の方は後処理をされている間に何やら点滴が追加…。
しかもなんか痛かったので聞いたら「眠くなる点滴ですよ~ちょっと沁みます。」との事。
帝王切開後は数時間眠って体力回復するようです。

暫くして綺麗になった赤ちゃん遂に登場!
その時はなんだかあまり実感が無くて
この子がずっとお腹にいたのか…とか旦那にそっくりじゃんか(笑)とか
色々と思ったのですが、1番思ったのは目が大きいなーという事。
くっきり二重で笑ってたので、可愛い…とメロメロになりました(笑)

その後赤ちゃんは夫の元へ…その後私は点滴のお陰と、疲労と寝不足のお陰で爆睡…(笑)
起きたら1時間半経ってましたw

その後は術後の人が入る部屋に緊急移動…。
一日だけ個室で過ごすようです。

帝王切開は術後が本当に痛いと良くいうので
覚悟はしていたのですが、麻酔が切れてからは傷口が本当に痛かったです…。
もう何もしてなくてもずっと痛い。
ズキズキと、脈を打つような痛みでした。
しかも術後熱が上がってしまい、39度に…。
謎の両手の震えもあり(麻酔の影響だと言われました)とにかく寝れる状況では無く…。
無痛分娩で脊髄に入っていた管から麻酔を追加出来ますと言われたけど
追加しても特別効果も感じられず…。
あまりにも痛くて、痛み止めの追加をお願いし座薬を入れて貰いました。
座薬に抵抗が少しあったけど、この痛みに耐えるよりはマシだ!と思い…。
結果、座薬が効いてくれて少し楽になったし
熱が高かったのでアイス枕を持って来て頂いたりして
何とか耐えました。
それでもやっぱり朝の6時から口から水分を摂れなかったので
(点滴では水分補給してた)
もう口の渇きが限界だ…!と思ったので何か飲みたいと言ったら
帝王切開後は6時間水分が摂れ無いという死刑宣告を貰い絶望(笑)
6時間…深夜の2時頃までか…。
その時まだ10時位で、まだまだ時間あるやん…と再度絶望(≡Д≡;)

それまでの間に寝れそうなら寝なくては…と思い
何度か寝ようと努力するも、寝られず。
結局水が飲めるようになる時間まで起きていて
飲めるようになってからガブ飲みしました。
砂漠で彷徨っていた旅人並みに(笑)
口から水分を補給したら、凄く楽になりなんとか眠れそうな感じにもなってきました。
手の震えも治まってきたし。

しかし、この頃になり座薬の効果が薄れてきてしまう…。
この麻酔が切れかかったタイミングで、傷口の検査です…と傷口をめちゃくちゃ揉まれるという地獄の瞬間が。
子宮の回復を促進する為のマッサージらしいのですが
あまりの痛さで飛び上がるくらい痛くて
思わず痛い!と叫んで看護師さんの手を掴んでしまった…(≡Д≡;)
ほんの数秒間だったと思うけど
なんか、今回の出産で1番痛かったのはこの瞬間だったかもしれない。
せめて麻酔効いてる時にやって欲しかった…(≡Д≡;)

この後、水分補給を口から出来た事により、大分楽になり
少しまどろむ事が出来ました。

何というか、やはり出産は予期せぬ事が沢山起きて大変でしたが
何より母子ともに無事で、元気に産まれて来てくれた事が1番の救いでした。
赤ちゃんも特別何事もなく、元気にミルクを飲んでよく寝てます。
帝王切開だと産後直ぐは会えないので、まだそこまで触れ合えてはいないのですが
やはり赤ちゃんはとても可愛くて、見てるだけで幸せになります。
ほっぺぷにぷにすると笑うので、めっちゃ可愛いです(笑)
赤ちゃんは3月19日の18時56分、3026g、身長49㎝で産まれてきました。
私のお産時間は、全て含めて約12時間。
初産婦のお産時間としては長くはなく、色々ありましたが結果オーライでした!

カテゴリー:Elapsed pregnancy

出産レポ①入院初日


ひとまず予定通り18日に入院出来て安心しました。
入院予定日より前に陣痛きたらどうしようかなーと思ってたので…。

病院到着後、まずは部屋に案内される。
4人部屋なのですが、4人MAXではなく私の他に1人しか居ませんでした。
しかもその方は私が部屋に入った時は既に分娩室に移動中で不在。
結果的に4人部屋に私1人だったので、超気楽!
これは有難い…(・ω・。)ノ=з
その方は1日でお産が終わらなかったようで、一日中帰って来ませんでした…。分娩室で一夜を過ごしたのね(;ω;)
無痛分娩の初産婦さんにはお産が長引く事がよくある事らしい。

入院中の流れなど色々と詳しく説明を受けてから、ノンストレステストをして
その後内診。
内診では子宮口の開き具合を確認して、子宮口を柔らかくする為と
子宮口の開きを良くするためにバルーンを入れました。
噂ではこのバルーン挿入が痛いとか、入れた後も痛いとか聞いてたので
ちょっと不安だったのですが、挿入時もそこまで激痛ではなく
私の場合は全然耐えられる痛みでした。
暖かいのが流れ込んできた時にはびっくりしたけど(笑)
バルーンの中にお湯入れてるらしい。

私は既に子宮口が2㎝以上開いてたらしいので、もしかしたらトイレ行った時に落ちちゃうかもしれないから
落ちちゃったらナースコールで呼んでね、と言われる。
子宮口がちゃんと開くと落ちる物らしいけど
トイレに流しちゃわないで下さいとの事でした。

挿入後腹痛はあったけど、普段の生理痛より痛くないくらいだったので
私は全然耐えられる痛みでした。
普段生理痛重いから、こういう時は良いのかも?(笑)
普通にベットに座って、スマホ見たりゲームしたりして過ごしてました。
この日はこのまま一晩過ごす事になります。
人によってはすぐ陣痛が来る人もいるらしいけど、私は来なそう…。

明日になって、ちゃんと開いてたら良いなぁ。
興奮してるのか、なかなか眠れず…結局3時間程しか眠れなかった(≡Д≡;)

カテゴリー:Elapsed pregnancy

最後の検診でした。


遂に最後の検診でした。
長かったような、あっという間だったような。

思い返せば妊娠初期の頃の検診は
本当に毎回不安で、ちゃんと心臓動いてるかな?とか
少し小さめだったから、ちゃんと成長してるのかな、とか
やはり流産の経験があると、また同じ事になるんじゃないかと
とにかく不安で不安で、堪らなかった。

胎動も感じられない時期に、検診も1ヶ月に1回しか無かった時期が特に不安だったかなぁ…。

妊娠、出産する事は、当たり前の事ではなくて
本当に奇跡的で尊い事なのだと身をもって感じていたから
どうかこの奇跡が、無事に続きますようにと
毎日祈りに似た想いで過ごしていたかも。

そんな長い不安がやっと少し晴れてきたのは、安定期に入って
悪阻も落ち着いてきた頃かも。
安定期までが本当に本当に長かった…。
長い長い不安のトンネルを抜けて、いつしか心配も無くなって
気が付けば、強い生命力を感じられるようになって。
今はもう、きっと何があっても大丈夫だと想えるようになりました。


今妊娠初期で、不安ばかりで辛い方達に
無責任な事は言えないけれど
どうか自分の身体と、赤ちゃんの生命力を
ただただ信じてあげて下さいと
お伝えしたいです。



最後の検診では、いつもより丁寧にエコーで色々測定しました。
現状ではそこまで巨大児では無いようなので、そこは安心。
出産予定日頃に3000gを超える計算だと言われました。
経験豊富なベテラン先生なので、信じてお任せしようと思ってます。

ただ、肩の辺りにへその緒があるらしく、現状で巻き付いたりはしていないけど
出産時に旋回して出てくる時に、もしかしたら絡むかもしれないし
絡まないかもされないのでそこはちゃんとお伝えしておきます、との事。
絡んで緊急帝王切開になったりするかもしれないって事ですね。
私は無痛分娩予定なので、帝王切開になっても迅速に対応して頂けるようです。

内診では結構奥までグリグリしたようで
内診後出血する事はこれまでにも何度かあったけど
帰宅後トイレでギョッとするくらいの量で
久しぶりに焦りましたが
鮮血では無いし、生理のような量でも無かったので様子見…。
翌日までじわじわと出血は続き、少しの吐き気と腹痛が(≡Д≡;)
このまま陣痛に繋がったらどうしようかとちょっと思ったけど
まぁ、大丈夫そうかな?
ただ、あまり体調は良くないので大人しくしてます。
でも先生からは
「土日で沢山動いてね!」
と言われてる(笑)
土曜は夫と共に無理しない程度に出掛ける予定です。

最後の妊婦期間を満喫してねって先生は言ってた…。
確かにそうだよね。もう妊婦じゃなくなるんだもんなぁ。
もう既に妊婦いいよ!早く終わらせたい!と思っちゃってるけどな(笑)
お腹重くてなかなか寝れないし、腰痛いし
仰向けで寝れないせいで骨盤やら足やら痛くて寝れなかったり
トイレは常に近いし、結構妊婦しんどかったので(主に後期が辛かった)
早く前の身体に戻りたい…と思いがちだけど
出産したら完全に前の体には戻らないらしいしな(≡Д≡;)
でも今よりマシなんじゃ!?
今よりも辛いかなぁ…。
が、頑張る。


そして入院準備しながらドキドキしてます。
無痛分娩がどんな感じだったか、レポ書ければ良いなと思ってます。

カテゴリー:Elapsed pregnancy

No title


生きたくないと願う事
生きたいのに それが叶わない事
色々あるだろうけど

生きたいと願って 日々を生きてゆける事
こんなに幸せな事は無いと思う。

カテゴリー:Heart

遂に臨月です。




という事で、36週目に入りました。
(上の画像は少し前の日付ですけどね~)

でも正期産は37週目からなので、あと1週間はお腹の中にいておくれ…!

自宅安静は無くなったので、最近は普段掃除しない場所の掃除をしたり
入院日よりも早く陣痛が来た時に備えて
陣痛タクシーに登録したり
入院の荷造りを始めたりしてます。
入院荷造りしてるといよいよなのだと緊張してきます(またか笑)

しかし、陣痛タクシーは便利ですよね…。
もし平日の日中に陣痛が来てしまった場合は私一人なので
自力で病院まで行かないといけないし。
カードを見せれば事前に登録してある病院まで道案内しなくても乗せて行ってくれるそうです。
使わないで済むと良いな…入院予定日までお腹の中にいておくれ…!

あとは一応うちの病院は、出産後6日で退院なので
私が居ない6日間の間夫が困らないように色々伝えておかねばなぁと思っているけど
案外うちの旦那は一人で何でも出来るので放っておいても大丈夫だろうなぁとも思ったり(笑)
まぁでも、仕事で毎日疲れてるだろうからなるべく負担は減らしてあげた方が良いよね。
1番大変なのは柴犬2匹の世話だと思うから、そこだけはよろしく!という感じ。

しかし、赤ちゃん連れて帰って来たら犬達がどんな反応するのかが今から楽しみです(笑)
おこげはきっと全てを察して「この小さい生き物はこないだ迄お腹にいた赤ん坊ですね…!」と
気付くに違いないと思っている。
そして暫くは警戒して遠くから眺めてそうだなぁ。
慣れたら見守ってくれそうな雰囲気を持ってるけど。

ちまきの方はちょっとおバカなので(笑)きっと何も分からず
「なんか小さいのがいます!遊んで下さい(満面の笑み)」
ってすぐ駆け寄りそうだなぁと睨んでおる…。
天真爛漫だからな、ちまきは。
邪悪さが何1つない…何というピュアな生き物なのじゃ…と見てていつも思う。
怒ってるの見たことないし、いつもご機嫌で笑顔の大物ww
同じ柴犬でも性格真逆で本当に面白いです。

そして出産が近いのが分かるのか、おこげの方はますます甘えん坊になり暇があればくっ付いてくるようになりました。
以前はここまで甘えん坊じゃなかったからやっぱり何か感じるのかなぁと…。
私のお腹ペロペロ舐めたりするしね。

それに引き換え、ちまきは未だに何も気付いてないけどねwwww
本当、犬達面白いわ~。

因みに今日の検診でも特に何もなく、順調だそうです。
先週も今週も、糖も出てなかったみたいだしね。
そこまで酷くない糖尿らしくちょっと安心した。
けど、油断はせず分食は続けるけどね。

カテゴリー:Elapsed pregnancy

About me

*カヨ*

Author:*カヨ*
頭の中は、音楽と編み物の事だらけ。
夫と黒豆柴♀と東京の田舎で暮らしてます。
ハンドメイドマーケットminneで販売もしていますので
どうぞよろしくお願い致します♪
更に詳しくはこちらからどうぞ。
******************
minne
Twilog
tumblr
Instagram
Last.fm
******************
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

にほんブログ村 犬ブログ 黒豆柴へ

Arcive &Category

 

Handmade Album

Recent Entry & Comment

Recommend









Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Entry Search

RSS

Counter