Sanctuary*

2013年06月

DATE

  • このページのトップへ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

過去ログ追加。


以前書いていたブログのログを、こちらに少し移しました。
丸ごとのインポートが出来なかったので、コピペ…(ノ△・。)

昔の日記読み返して忘れてた事とか思い出したり
読み返しても何の事なのかわからないような事もあって(笑)
人ってうまく出来ている生き物だなぁと思ったり。
あ、忘れてく生き物って意味でです。

私はどうもさらっとブログ移転とかしてしまうタイプなのですが
過去のログ、もっと大切にしよう…と急に思って。
その時にしかかけない事が沢山だもんね。

しかし、過去ログ追加したらArchiveが大分ごっちゃりして
かなり見にくくなったので、後程プラグイン等追加して
もう少し見やすく整理する予定です~。
スポンサーサイト

カテゴリー:Days

こんにちはちょこちゃん。


ももちゃんとの別れからまだそんなに時間が経っていませんが…。
本日新しいハムが我が家にやって参りました。

命名:ちょこ
由来:ちょこちょこしてるから←安易。

たまたま立ち寄ったホームセンターに
なにやら可愛いハムがいるじゃないか…とくぎ付け。
中でも一番元気良く遊んでる女の子に惹かれ、この子に!

最近大型サイズのハムスターの取り扱いが減ってきていて
なかなか良い子に巡り合えなくて、ももちゃんの時なんかは
ペットショップ何軒も巡ってやっと出逢えた子だったりします。
でもちょこちゃんはひょっこり出逢った感じかな。
でも、出逢いってそんなもの!

来たばかりの時に撮影。
まだ本当に小さいのです。5/25に生まれた子らしいので
一ヶ月ちょっとしか経ってない。本当に小さい…。
今まで何匹かハムは飼ってきたけど、今まで飼った子の中で
一番早い時期にうちに来た子かも。
あまりにも小さいので、連れてきたばかりの時は大丈夫かなぁーと心配だったけど、
ケージに移したらめちゃくちゃ元気に回し車回してるから安心しました。ちょこその2
お水もちゃんと飲めた(*'ω'*)

しかし…今までずっと餌はミックスフードで育ててきたのですが
今回はペレットで育てようかなぁと思案中…。
やっぱり栄養バランス的にミックスフードよりもペレットの方が安定しているそうで前回ももちゃんを病院に連れて行った時も獣医さんからペレットを勧められたし
今回ペットショップでもペレットを勧められたので…ね。
確かにミックスフードは好きな物だけ選んで食べちゃうからねぇ。
以前行った病院でサンプルにペレットを少し頂いので
それをあげてみてるのですが…食べてない気がする。゚(゚´ω`゚)゚。
ペレットってハムスター的にはあまりおいしくないらしい。
やっぱりひまわりの種が美味しいみたいで、そっちが好きだけど
ひまわりの種ばっかり食べてると太るし、癌になりやすいって聞いたのです…。

私が我が家にようこそ祝い?としてあげたハムスター用ウェハースが
物凄い気に入ってしまったようで、そっちばかり食べておる…。
完全にタイミング間違えたよなーなんて思ったり。
ちゃんとペレット食べて育ってくれるといいけなぁ。

あとはトイレですな。
ハムスターのトイレのしつけで苦労した事ないけど
やっぱり初めが肝心だからねぇ。
歴代のハムたちは皆すぐ覚えたから、多分大丈夫だと思うけども。

なんせ小さいから、これから適度に注意して観察してようと思います。
基本は好き勝手させておくけどね。

ハムスターがいる生活ってやっぱりいいな(*'ω'*)

カテゴリー:Hamster

ドイリー色々。


突然ドイリーが編みたくなって、色々編んでました。
最近編んだもの達。
ドイリー。
ハートが色々な所にあるのが可愛いなーと思って作りました。
小さい物と大きい物は編み方途中まで一緒です。
ふちにビーズを編みこんでみた。
アップだとこんな感じ。

何かの本に載ってた編み図だった気がします。
そして、40番の糸でも初めて編んでみました。
ドイリー

※編み図はこちらから頂きました。

40番なんて細くて編めない…とずっと思っていたのですが
たまたま購入した糸が凄く編みやすい糸で
そのまま勢いで編んでみた。

質のいい糸ってこんなに編みやすいのか…とびっくりしました。
私が初めて編んだ40番糸は、どこの物か覚えてないのですが
シャリシャリキシキシした感じの質感で、かぎ針のすべりが悪く
ひっかかりも多くてとにかく編みにくかった。
今回の糸はナスカロイヤルグランデという糸なのですが
それらの要素がまるでなくて、するするとしなやかな編み心地…。
その分高いけどね。゚(゚´Д`゚)゚。
10gを買ってみてあまりに良かったので50gを買ってしまいました。
しかし…糸って重要なんですね。
特に40番のような細い糸は質が良い物の方が編みやすいのかな。

40番で編んでみての感想は…。
「手が痛い」
これにつきます(ノ△・。)
でも編みあがった作品の繊細さには感動しました。
また編もうかな~。

そうそう、最近図書館で編み物の本を物色しては、編み図をコピーしてます。
本を買わなくても自分好みの編み図だけゲット出来るなんて
図書館って素晴らしい…(笑)

カテゴリー:Lace

おつかれ。


1年半くらいパートで働いていた職場を退職しました。
事務で1年以上も務めていたのはこの職場が初めてだなぁ。

入社当初は、本当にもうすぐにでも辞めたくて堪らなかったのに
結局負けず嫌いなんだかなんだか分からない意地と(笑)
一緒に働く人たちが受け入れてくれて、やっていけそうな気配を感じたから
辞めずにここまで働く事が出来たのかなぁという感じ。

人の入れ替わりの激しい、環境の悪い職場だったから
三ヶ月毎の契約更新の度に誰かが必ず辞めているような状況だった。
同期は私を入れて9人入って、結局私ともう一人以外は全員辞めてしまっている。
その次に入ってきた人達も10人くらい入ったのに、今では全員辞めている…。
これだけ入れ替わりが激しいのも凄いよな…と思う。

依怙贔屓の激しさと、管理を放棄した名前だけの管理職社員達に囲まれて
パートたちは皆ストレスフルな状態だったなぁ。
お気に入りの子は勤怠が悪くても多目に見て
勤務中にゲームしてようが、寝てようがお構いなしなのに
気に食わない人が同じ事をしていたら真っ先に文句言いに来るような
そんな管理者達だった。
そのダメ管理者社員が部長の大のお気に入りだったから
誰に管理がおかしい事を伝えても、部長に守られて何も出来ないという
なんともアホらしい状況だった。

そんな環境だったけど、私が一緒に仕事していた方々は
長年勤めてるベテランの方達ばかりで
皆何だかんだ文句を言いながらも続けている人ばかりだった。
職場の愚痴を言い合える仲間たちには恵まれていて
それなりに楽しく過ごせていたと思う。
まぁ、女だらけの職場だから女ならではの面倒くさい事は盛り沢山だったけど
そんなのどこの職場でも一緒だしね~。

あんな会社潰れればいいのに…と本気で思ってしまうくらい憎かったけれど
まぁ、もう辞めたしどうでもいいかな。

私は私で、もっと良い方向に行けるように頑張ろう。
あの会社にずっといたら、きっといつも不機嫌な顔して怒ってたと思う。
そんなの嫌だ…って凄く思ったんだよね。

また次もきっと大丈夫って言い聞かせて。

カテゴリー:Days

ありがとう。


ハムスターのももちゃんが6/16、息を引き取りました。
約2年くらいの短い(とはいえハムスターの平均寿命は2~3年)間だったけど
沢山たくさん、癒してもらいました。本当にありがとう。

私はこれまでにも何度かハムスターを飼ってきましたが
大体のハムは病気もせず、老衰で亡くなる子が殆どでした。
実際ももちゃんの前に飼っていたハムは3年半も生きて、死因も老衰でした。
そんな風に自然に命が尽きる事に慣れていたせいか
今回のももちゃんのように、病気になって亡くなるパターンが久しぶり過ぎて
戸惑う部分も多く、見ているだけて辛かったです。

ももちゃんの直接の死因は、色々な要因が重なっているようにも思えて
どれとは特定できない部分もあるのですが、一番の原因は
細菌性皮膚炎と、ほお袋の腫瘍によるもののようです。

突然皮膚炎になったので、本当にびっくりしたのですが
皮膚炎の原因も、加齢による免疫力の低下から
日常的に皮膚にいる細菌がなんらかの原因で悪さをして
皮膚炎を起こしたのかも…とのこと。
この「何らかの原因」というのがハッキリ断定はできないのですが
もしかしたら皮膚癌等に侵されていて、それが原因で免疫力が落ちたのか
それとも頬袋の腫瘍が原因で免疫力が落ちたのか…予想される要因はその辺りだそう。
普通はこんなに酷い皮膚炎にはならないと言われました。

一日朝と夜の二回、抗生物質と痛み止めを飲ませて
経過を観察していたのですが、皮膚炎が良くなる様子は見られず
ほお袋の腫瘍も大きくなっているように見えました。
ハムスターは痛い部分を噛む習性があり
右足と右手の付け根を自分で噛んで、出血したりもしました。
酷い場合は自分で自分の手足を食いちぎったりする場合もあると聞き
ただでさえ皮膚炎で痛みと四六時中戦っているのに
これ以上の痛みはかわいそう過ぎる…と思っていました。

旦那とこれ以上治療を続けても良くなる見込みが限りなく少なくて
常に激しい痛みに耐え続けているのなら
楽にしてあげる方法を取る事も考えないといけない…と
二人でとても悩みました。
良くなる見込みが少しでもあるのなら、可能性にかけてみたい。
とはいえ厳しい現実を目の当たりにしていると
早く楽にしてあげた方がいいのかもしれない…とも思い
本当に悩みました。悩みに悩み…。

結果、私たちは安楽死を選択しました。

一番の理由は、ももちゃん自身が激しい痛みに耐えているという事。
自分で自分の手足を噛むくらいの痛み。
かなりの量の痛み止めを毎日あげていたけれど
それでも抑えきれない程の痛みに耐えていた事。
皮膚炎がよくなっても、今度はほお袋の腫瘍を治療しないといけない事。
2歳のハムスター(人間にすると70歳位らしいです)が
手術に耐えられる程の体力があるのか。

そして、少し前まであった食欲が徐々になくなって行っている事。
ハムスターのような捕食動物は、病気であっても無理をして活動したり
ご飯を食べようとするのですが、それすらも出来ない状況であること。
捕食動物が活動出来なくなるという事は、とても状況が悪いと
獣医さんに言われました。

獣医さんの話や今の状況の話、これからの話を聞いているうちに
迷っていた私の心から、迷いは一切なくなり
「楽にしてあげてください」と言っていました。

もう動かなくなったももちゃんを見て
これは人間の勝手な感情かもしれないけれど
とても安らかに見えて、私は安心しました。

本当に頑張ったから
もうゆっくり休んでね…と伝えたい。

もっとこうしてあげれば良かったという想いもあるけれど
今回の件で学ぶ部分もとても沢山ありました。
ももちゃんには本当に感謝してます。
ありがとう。

最後に、ハムスターの治療は他の動物よりも難しく
受け入れてくれる病院も少ない中、最後まで親身に誠実に
治療にあたって下さった獣医の方々に心より感謝申し上げます。

今回通院していた動物病院は本当に素晴らしい病院でした。
ハムスターだからといって、軽んじた扱いをされた事は一度もなく
それどころか人間と同じように扱って下さいました。
他院ではハムスターだからと、明らかに軽く扱われた経験が何度もあったので
とても嬉しくありがたかったです。
この病院に出会えたことも、今後とても大きな財産になると思います。



ももちゃん、ありがとう。

カテゴリー:Hamster

About me

*カヨ*

Author:*カヨ*
頭の中は、音楽と編み物の事だらけ。
夫と黒豆柴♀と東京の田舎で暮らしてます。
ハンドメイドマーケットminneで販売もしていますので
どうぞよろしくお願い致します♪
更に詳しくはこちらからどうぞ。
******************
minne
Twilog
tumblr
Instagram
Last.fm
******************
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

にほんブログ村 犬ブログ 黒豆柴へ

Handmade Album

Recent Entry & Comment

Category

Arcive

Link

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Recommend









Entry Search

RSS

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。